Menu

居宅介護支援

Home

居宅介護支援

居宅介護支援とは

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、要介護認定を受けた要介護(1~5)の方を対象に適切な生活支援を受けられるよう、各種介護サービスに関する手続きを代行してくれるサービスです。
被介護者の身体的・精神的な状況に合った適切なサポートを行い、自立した生活を送れるように支援することを目的としています。
介護保険サービスを受けるのに必要なケアプランの作成や、介護に関するご相談から手続き、調整など、居宅介護支援事業所に所属するケアマネージャー(介護支援専門員)がサポートしてくれます。

サービス内容

介護認定申請代行

制度の説明とご家族様に代わり申請代行をいたします。

相談支援

介護相談等

アセスメント

ご利用者様の心身の状況把握、介護環境、住宅環境等の把握等

ケアプラン(居宅サービス計画)の作成

2を基に福祉医療サービス等が適切に提供できるよう計画作成いたします。

モニタリング

月1回は訪問(必要時は随時)し、サービス提供状況や利用者様やご家族様の心身状況、
介護状況等の把握し必要時はケアプランの変更を行います。

サービスの連絡・調整

ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所や、施設などとの連絡・調整を行います。

給付管理

各事業者が実施したサービスの集計と保険者への介護報酬の請求

介護保険施設等への紹介や情報提供

ご利用料金

要介護認定を受けられた方は無料(全額介護保険で賄われます。自己負担は一切ありません)